2017年8月31日、ネット上で

凄まじい盛り上がりを見せた

『ヒカルのチャンネル一斉登録解除運動』

 

そんなお祭り騒ぎからまだ

2日しか経っていない現在、

またTwitterでヒカルさんを

貶めようとする企画が拡散

されているようです。

 

それが今回ご紹介する

『ヒカルの動画低評価運動』です。

 

一体どういった経緯でまた

この様なキャンペーンが起

こってしまったのか?

 

今回はこの『ヒカルの動画低評価運動』

についてお話したいと思います。

スポンサードリンク

◆ヒカルのチャンネル登録者解除キャンペーンとは?

まず、今回の

『ヒカルの動画低評価運動』

についてご紹介する前に、

 

2017年8月31日に起きた

『ヒカルのチャンネル一斉登録解除運動』

について「何それ?という方は、

以下にこのキャンペーンの詳し

い経緯や経過、また最終的な結

果について詳しくまとめた記事

がありますので、ソチラをご覧

下さい!↓


スポンサードリンク

◆ヒカルの動画低評価運動が始動!開催目的は広告を消すこと?

それでは、今回の本題に入りましょう。

 

上記の登録解除キャンペーンから

まだほんの2日しか経っていない

本日9月2日、Twitter上でまたヒ

カルさんに嫌がらせをしようと

新たな企画が拡散されているよ

うです。

 

 

それが冒頭でもお伝えした、

『ヒカルの動画低評価運動』です。

 

どうやら主催した方によると、

YouTubeの動画は高評価率20%

を切ると、動画に貼ってある

広告が剥がされ、表示できな

そうです。

 

なので、この主催者の方は、

ヒカルさんが投稿している

動画に低評価を押しまくり、

広告収入を減らそうという

のが目的でこの企画を拡散

しているそうなのです。

 

ちなみに、以下の画像が

Twitter上で出回っていた

モノになります↓

それにしても、前回の運動の時も

思ったのですが、画像が随分と凝

っていますよねw


スポンサードリンク

◆動画低評価率で広告を非表示にすることは可能なのか?

という事で、現在ヒカルさんの

広告収入をゼロにしようと、拡

散されている今回の運動ですが、

 

本当に高評価率20%を切ると、

動画の広告が消えてしまうの

しょうか?

 

正直、筆者は今までこんな規約は

YouTubeで見たことが無かったの

ですが、もしこれが本当なら、

とんでもない事態になりますよね?

 

そこで、早速調査をしてみたのですが、

そのような条件で広告が表示されなく

なるという文は一切見当たりません

でした。

 

YouTubeのヘルプから、

問題の解決→収益化の問題

という所へ進むと、

 

『動画に広告が表示されない』

という見出しが出てきます。

 

そしてその下に

『広告を表示できないコンテンツ』

として6つが上げられているのですが、

その中に“高評価率20%以下で広告削除”

というような文言は1つも書かれていな

んですよね…

 

では、実際にアナタにも

見てもらいましょう↓

更に拡大して見て

もらいましょう↓

どうですか?

全くそのような条件は

書かれていませんよね?

 

まぁひょっとしたら、

筆者の調査能力がポンコツ

過ぎて見落としている可能

性もありますが、個人的に

今回の低評価運動は、

 

単にヒカルさんの事を気に

入らないアンチの方が、こ

れみよがしにヒカルさんの

低評価数を増やす為に言い

出したのではないか?と思

っています。


スポンサードリンク

◆ヒカルの動画高評価率が激減中!現在30%を下回る!

以上今回は、現在Twitter上で

出回っている『低評価運動』に

ついて、ご紹介いたしまた。

 

現在このような運動が開催

されている中、気になって

ヒカルさんの動画の高評価

率について調べてみた所、

 

記事執筆時点での、

高評価率28.7%

となっていました↓

引用:http://ytranking.net

グラフがそり立つ壁みたいに

なってしまっていますね。

 

ちなみに、この急激な高評価率の

低下は、2017年8月15日に起きた

VALU詐欺騒動がきっかけで始まっ

ており、当時の高評価率は90.3%

もあったようです。↓

引用:http://ytranking.net

もし、今回の低評価運動が

前回同様活発化してしまったら、

今度は低評価率で世界1位獲得!

なんてことも起きそうですが、

果たして今後、ヒカルさんの

動画高評価率はどのように推移

していくのでしょうか?

スポンサードリンク